一人暮らしの居住スペースは、一般的には狭いことが想像されます。

一人暮らしのインテリア選び
一人暮らしのインテリア選び

一人暮らしの居住スペースは、一般的には狭いことが想像さ・・・

54歳 : 男性の話
一人暮らしの居住スペースは、一般的には狭いことが想像されます。自ずとインテリアはコンパクトにまとめあげないと、居住空間が狭まってしまいます。
一人暮らしというと若者をイメージしますが、今の時代、忘れてはならないのは高齢者です。
少子高齢化の時代、これからますます、高齢者の一人暮らしは多くなっていくに違いありません。そうなるとインテリアに関しては、色合いやデザインを楽しむ他に、実用性というのが重要になってきます。なるべく移動距離が少なくて済む範囲の中で、様々な作業ができ、しかもオシャレなたたずまいのインテリアが要求されます。
そのようなことを考えると、収納や格納がうまくでき、1つにまとめられるような棚や家具が重宝されるのではないかと思います。\\また、若者の感覚では何も不自由を感じない高い場所にある収納などにも。目を配る必要があります。高齢者にとっては高いところに手を伸ばすことや、踏み台に上がることは難しいことです。
ですから、丈のあまり高くないインテリアが求められます。
これからの一人暮らしのインテリアでは、外観もさることながら、高齢者にとって使い勝手の良いものが選ばれるのではないかと思います。