実家を出て一人暮らしを始める時、ついに何でも好きなように出来る、自分の城を手に入れたような気分になったのを覚えています。

一人暮らしのインテリア選び
一人暮らしのインテリア選び

実家を出て一人暮らしを始める時

34歳 : 女性の話
実家を出て一人暮らしを始める時、ついに何でも好きなように出来る、自分の城を手に入れたような気分になったのを覚えています。
でも一人暮らしする家は、そんなに広くないことが多いです。

そこで部屋作りの際に私が一番注意したのが、「多機能なこと」、そして「厳選すること」です。
例えば、家具。勉強机はダイニングテーブルやドレッサーと兼用し、また家族や友人が来た時には、板を足して大きく出来るタイプのものを選びました。
イスは、スタッキング出来るものにして、普段使わない分は重ねて、飾り台代わりに部屋の隅に置き、座面にちょっとした小物を並べたりしています。
他にも、鍋や食器類は良く使いそうなものだけを数個購入。しかも、見た目にも可愛いものだけを選んで、敢えてオープンシェルフに並べて、インテリアの一部としても楽しめるようにしました。
オープンにすることで、今自分が何を持っているかもすぐに把握できるし、常に整理整頓しなくてはと無意識に思うようなるので、綺麗な状態を保つことができます。
こういったちょっとした工夫で、部屋はスペースの割には格段にすっきりとしているし、でも実際には見た目以上の機能を備えていると思います。せっかく手に入れた自分の城。いつまでも快適に暮らすためには、最初のインテリア選が肝心だと、今振り返ってみて改めて感じました。